話題のニュースに一言言わせて頂きます。
<< 夏祭り・フェスでの思い出教えてください! | main | 備えあれば憂いなし 静岡地震 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark | このエントリーを含むはてなブックマーク
「死ぬときに後悔すること」ベスト10

「『死ぬときに後悔すること』ベスト10」という記事を発見しました。


http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2009/08/10-654e.html


どうやら「死ぬときに後悔すること25」という本を読んだレビュー記事のようです。


40過ぎると

有閑男爵は、40過ぎた位から死について考える事が増えました。

母の死や入退院を繰り返す父の姿など、否応無く考えさせられる事が多いことも事実ですが、やはり年齢的な問題が大きいように感じます。


生まれてきた以上、生きた証を残して死にたいという思いは、誰にでもあると思います。

生まれてきた意義なんて、そんな事を考えるのは人間だけなんでしょうけど、やはり死ぬまでに一度くらいは真剣に考えてみたほうがいいんじゃないでしょうか。


このブログのエントリは、管理人なりのベスト10が紹介してあって、非常に興味深かったです。

有閑男爵の場合は、「生きた証」が一番なんですが、ブログの管理人は

 第1位 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと
 「ありがとう」、「すばらしい」、「素敵です」、「好きです」、「愛しています」… 人との交わりの嬉しいことやポジティブな面に目を向けて、そいつを言葉で示す。これらはタイミングもあるが、人に対する「姿勢」のようなものではないかと考えている。だから、こうした言葉はチャンスを捕まえて積極的に使っていきたい。「ありがとう」が言い足りなかった人生は、後悔の連続だろう。ありがとうは最強の言葉。言われた人も、言う人も幸せにする魔法の言葉なのだから。

なんだそうです。

ちなみに有閑男爵の「生きた証」は第三位でした。


たまには、他人の「死ぬときに後悔すること」または「した事」を調べて、自分の人生を見つめなおすのも良いんじゃないかと思います。

| 有閑男爵 | 生きる | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:19 | - | - | pookmark | このエントリーを含むはてなブックマーク









トラックバック機能は終了しました。
スポンサー
アクセス解析
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
このページの先頭へ